JBSGの活動

JBSGの活動は、ジャパンボウルの開催目的や意義を広く紹介し、日本での知名度を上げ、ジャパンボウル大会を日本でサポートすることを目的としています。

JBSGではこんな活動を行っています。

ジャパンボウル大会開催に向けての協力

優勝チームの高校生達の日本研修旅行中のホームステイ先や、見学先等を提案する
ホームステイ受け入れ先は、できれば高校生か大学生がいるご家庭で、待ち合わせ場所などに付き添える方が居られるご家庭を探すようにしています。

これまで依頼するにあたってボランティアでホームステイを引き受けていただけるご家庭に対して、どのようなことを期待するかといったガイドラインが全くなかったので、2018年1月にホームステイを引き受けていただいたご家族代表とJBSGメンバーが意見交換会を開き、簡単なガイドラインを文書にしました。ここあります(別ウィンドウで開きます)。

来日した高校生達に日本国内で広く使えるSuica等のカードをプレゼントする
滞在先近くで、移動やコンビニでの買い物に使えるカードは学生さん達に大人気です。

2013年8月優勝チーム来日 外務省訪問
2013年8月優勝チーム来日
外務省訪問
2013年8月優勝チーム来日 米国大使館訪問
2013年8月優勝チーム来日
米国大使館訪問

  ジャパンボウル全米大会の日本における広報活動とスポンサーの発掘

講演会、コンサート等のイベントを開催し、その際、ジャパンボウルとはどのようなものかを紹介する機会を設け、広報活動をおこなっています。イベントに参加してくださった方々との交流を通して、ジャパンボウルを理解していただける企業や大学、高校、個人の情報やアイディアをいただきながら、スポンサーの発掘に努力しています。

2014年1月 キックオフ
2014年1月 キックオフ
2014年1月 キックオフ
2014年1月 キックオフ

 

 

 

 

 

 

本の高校生・大学生との交流

まだ実績はありませんが、国際交流に熱心な高校、大学にジャパンボウルの存在を知らせ、日本へ研修旅行に来た学生さんとの交流をはかる活動に積極的に取り組む予定です。将来は日本で「アメリカンボウル」の開催等も視野に入れ、内向きになっていると言われる日本の高校生、大学生の国際交流に貢献したいと考えています。