2015年度ジャパンボウル成績優秀者歓迎レセプションに参加

2015年4月9日-10日にワシントンDCで開催されたジャパンボウル大会において、各レベルで優秀な成績を修めた21名の高校生が、外務省が推進する青少年交流のための「KAKEHASHI Project」と連携し、8月3日から11日まで日本に招聘されました。さらに8月8日から15日まで、Mazda Foundationによりレベル4の優勝者3名も来日しました。8月10日には米国大使館American Center にて入賞者を囲む歓迎レセプションが開催され、総勢24名の高校生達が一堂に集いました。私達JBSGのメンバーもそこに参加してきました。

レセプションは、在日米国大使館主席公使Jason. P. Hyland氏の暖かい歓迎の辞で始まりました。続いて日米協会会長で元駐米大使の藤崎一郎氏のユーモア溢れる祝辞と、かなり高度な日本に関するクイズが出され、高校生達はここでもクイズに挑戦することとなりました。

Jason. P. Hyland氏の歓迎の辞
Jason. P. Hyland氏の歓迎の辞
藤崎一郎氏の祝辞
藤崎一郎氏の祝辞

このクイズの解答は集計され、高得点の3人には藤崎会長から素敵なプレゼントが渡されました。高校生の代表からは流ちょうな日本語でお礼の言葉がありました。DSCF9646DSCF9669

 

 

 

 

和洋中取り混ぜたお料理をつまみながら、屈託のない明るい高校生達は、招待者(様々な形でジャパンボウルに関係し、応援している日本の方々)とすぐに打ち解け、日本の印象や、広島のホームステイ先での楽しい思い出、広島の高校生達との交流、お気に入りの食べ物などについて元気に語ってくれました。会の終わりに、JBSGから、24名に”はずれの無いくじ引き”でプレゼントを渡しました。このプレゼントは、日頃からJBSGの活動を応援して下さる方々から寄せられた、日本の伝統的な扇、団扇、博多人形、日本各地のこけし、民芸玩具などです。包みを開いて中身を見る瞬間の彼らの顔、歓声を上げる表情がなんとも可愛くて、こちらも幸せな気分になりました。付添いの先生方にも抹茶茶碗を差し上げることができました。

また日本にきてね!また必ず日本に来ます!と声を掛けあいながら約2時間のパーティーは幕を閉じました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です